顧客の悩みに対応できるフリーランスの強み

強力な開発力を背景として、開発会社では大きなプロジェクトでも短期間で成し遂げることができる。その点で言えば、フリーランスとして独立しているエンジニアには、処理能力に限界がある。しかし、きめ細かいサポート力で言えば、フリーも負けてはいない。クライアントが抱える悩みに対して、柔軟にサポートする事が可能である。

フリートしての立場であれば決断を単独で行う事ができ、大きな組織に対して意思決定が早いというのが、フリーランスの強みである。大きな開発会社では、採算が合わないためにサポートできない事柄についても、フリーでは対応が可能である。大きな開発企業と同じような仕事は、フリーランスの立場ではこなすことは難しい。

しかし、フリーならではの働き方を目標とする事で、強みが最大限に発揮できる。また、フリー同士のネットワークを利用して課題を共有することにより、クライアントが共有して持っている悩みに対して、問題解決のために即応することができる。クライアントとしても、開発会社とフリーのスタッフを上手に使い分けて利用することが有効である。適材適所が肝心であり、大きな規模の開発会社のみならず、フリーの人材が持つ有効性についても目をつければ、これまで抱えてきた悩みが意外と簡単に解決できるようになる。フリーとして仕事を始めるにあたって、その仕事ならではの働き方があることを自覚し目標をもてば、仕事はうまくいく。
もし、どうしてもその悩みが解決しない場合はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>